捨てのK点はどこだ

捨てのK点。

ゆるりまいさんをご存知の方は

知っているかと思います。

簡単に説明すると、

「今まで捨てられなかったものが

突然捨てられるようになること」

私がゆるりまいさんを知るきっかけはテレビドラマ。

最終回は涙しながら見ていました。

もともと、

私はモノを捨てることにためらいがない方で、

「要らない」

と判断したものは、その場で捨てるのです。

(もちろん自分の分。共用のものとかは確認取ります)

それはもう、夫も引くほど。

思い出があろうとなかろうと関係ないのです。

モノはモノ。思い出は別。

ただ、こう、漫画で描いていたり、ハッシュタグがついていたりすると

経験してみたい!となるんですよね。

「今まで捨てられなかったもの」がないなあ。

だってその時に捨てるんだもの。

思い入れがなくてもいいかなぁ?と

卒業アルバム(もちろん自分の分)やら、

家族写真、

夫にもらったピアス(夫も要らないなら捨てればいいじゃんだったので)

などを処分したんですが。

スッキリもしないし、もやもや(後悔)もしない。

ただ、いつものゴミを捨てたって感じでした。

で、私にとって捨てたくても捨てられないものって

何かと考えた時、思い浮かんだのがブロックです。

物理的に捨てるよりも難易度高いな・・・

0